So-net無料ブログ作成
検索選択

副会長は中川、横倉、羽生田の3氏ー日医役員改選(医療介護CBニュース)

 4月1日、会長選挙に続いて投開票が行われた日本医師会の副会長選挙(定員3人)は8人の争いになり、唐澤・森の両陣営が推薦した中川俊男氏(北海道医師会)と横倉義武氏(福岡県医師会)、どの陣営からも推薦を受けなかった羽生田俊氏(群馬県医師会)の3人が当選した。

 得票数は、中川氏が174票、横倉氏が173票、羽生田氏が165票。代議員総数は357人、欠員および欠席は2人、投票総数は1065票、無効票は0、白票が59票、有効投票数は1006票だった。



【関連記事】
政権交代後初の日医会長選、原中氏が勝利
森、唐澤陣営の副会長候補が同じ顔触れに
唐澤・森両陣営の役員候補重複を批判―埼玉県医・金井次期会長
日医会長選、3候補が岡山で政策演説会
唐澤・森陣営と原中陣営の対立構造、鮮明に―日医・役員改選

<新型インフル>水際対策の効果「限定的」 国際チーム解析(毎日新聞)
中曽根元首相「外務省から密約の説明受けた」(読売新聞)
アタマジラミ再び増加 目の細かい専用くしが効果的(産経新聞)
スーツケース遺体事件で逮捕へ=60歳の男、死体遺棄容疑−石川県警(時事通信)
市役所の新聞購読中止を、阿久根市長が指示(読売新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。